台湾鳥魚子
台湾産からすみ

1040
JANコード:4528845010351

「野生烏魚子」は、台湾海峡天然ボラの卵巣です。お好みですが、レアまたは、香りが立つ程度に炙るミディアムレアがおすすめです。3~4㎜厚さにカットしてください。辛みのあるネギの薄切りといただくのが、もっとも合うように思いますが、一般的には薄切りにした大根や、まれにりんごと合わされています。  日本酒、紹興酒に限らず、シャンパンや白ワイン等ともお試しいただきたいものです。カナッペのトッピングにしても、贅沢でおいしいし、バゲットを1㎝厚さに切り、バターをのせて2分間トーストした後、烏魚子をのせます。口にすると塩分バランスがよく、極めて濃厚な味わいが口中に広がります。この方法は、よき時代のウラジオストクでキャヴィアやイクラを楽しんだ方法をアレンジしたもので、烏魚子の濃密度がはっきりとわかります(イクラなどを同様に調理して比べていただくと、その違いは歴然です)。  養殖ものと天然ものの違いは、香りや食感に表れます。最近では、アラスカやオーストラリア、チリ等からの輸入ものを加工して「天然」と称するメーカーが多く、安い値段で観光客用にたくさん売られています。ホンモノは塩味を強くする必要がないので、風味がマイルド。あと味が違います。もちろん、濃密さも別もので、必ず見分けがつくはずです。自信を持って、お客様におすすめください。  
  • [内容量]
  • 1㎏(不定貫)×2合
重量 100g当たり
カロリー - kcal
タンパク質 - g
脂質 - g
炭水化物 - g
ナトリウム - mg
塩分相当量 - g
含水率 - %